Skip to main content

東芝で躍進するAndroid Tabletで見送っていくもの

約6ヶ月の冗談の後、東芝はすぐに最初のAndroidタブレットであるToshiba Thriveを提供します。違いは、Thriveが1月に無名のスレートに最初に導入されたときの状態とは異なり、仕様と名前の付いた完全に形成されたタブレットを持っていることです。私の初期のThriveのクローズアップ時間に基づいて、このモデルは、ノートパソコンとタブレットのギャップを克服しようとするToshibaの試みのおかげで、確かにタブレットの購入者が検討する価値があるでしょう。

Thriveは、家電小売店やオフィスのスーパーストアの間の通常の疑いで、7月上旬に小売店に出る予定です。 The ThriveはSamsung Galaxy Tab 10.1とHP TouchPadの発売に合わせて、今夏のタブレットパレードの最新バージョンとなる予定です。

[Toshiba Tablet close up]

吹き飛ばすのではなく実践的なレポートでは、私は代わりに私と一緒になって、より多くを見たいと思った繁栄についてのポイントに焦点を当てています。この時点では、この時点で、非常に多くのタブレットが棚を詰めていて、私の机の上には何か目立つほどのものがあり、Thriveがそれをしていることは注目に値する。

私はそれを使用したときに繁栄について?ラップトップからタブレットに移行する際のトレードオフを最小限に抑えることを目的としています。確かに、Thriveは、サムスンのGalaxy Tab 10.1とAppleのiPad 2のような控えめで軽量な指導者と比べるとちょっと不思議だと感じている。しかし、Thriveの端にきれいに隠れているのは、SDカードスロットとUSBポート。ミニUSB;フルサイズのHDMIポートを備えています。それは今日のタブレットのすべてに見られる標準的なドッキングポートに加えてすべてです。これらの4つのポートは、このAndroidタブレットを最大限に活用する方法を拡張する特別な可能性をもたらします。特に、Android 3.1のUSBホスト機能を利用して、USBデバイスを追加することができます。

フルサイズのSDカードスロットは特に魅力的です。 Thriveは、フルサイズのSD Cardスロットを搭載した最初のHoneycombタブレットです。このmicroSDカードのどれも東芝にとってナンセンスではありません。マイクロまたはミニUSBポートしか持たないためです。 SDカードスロットとUSBポートを搭載することで、デバイス間の相互運用性 の必要性を認識しています。 はい、いくつかは「クラウド」を指し、ポートは必要ないと言うでしょう。しかし、クラウドをしばらく置いて、ラップトップの使い方を検討してください。それらのUSBポートに何回何度も電源を入れますか?ポータブルハードドライブやUSBフラッシュドライブのようなもの?あなたのカメラからSDカードを何回取ってラップトップにポップしますか?

あなたは休暇中で、1日の外出後に家族と一緒に戻ってきます。あなたのカードをあなたの邪魔にならないようにしてください。そして、あなたはこの考え方から物事を考えても、まあ、Thriveの魅力ははっきりと説得力があります。カメラを起動してカードスロットに差し込みブームを起こすと比較的大きな画面でコンテンツを共有し楽しむことができます。アダプターやファイル転送は必要ありません。あなたのタブレットにデジタルムービーが保存されていますか?問題はありません:HDMIケーブルを接続するだけで良いです。 (東芝があなたのAndroid携帯電話でタブレットの再生機能を遠隔操作するために思いついたのではなく、ここで一歩一歩進んでください。)

内蔵ポートの多様性は、Thriveが競合他社との統合された、ドングルフリーのエッジ。購入者の選択肢は、洗練されたラインと軽量のどちらを統合するのかということですが、個人的には、一体型のポートを使って、邪魔にならないドングルを取り払い、いつも洗練されたラインと携帯性を失ってしまいます。これらのポートのいくつかを作った。 Android 3.1には制限があります。リムーバブルストレージをスムーズに処理するためのものではありません。 Thriveは私の親指ドライブを認識してファイルを開くことができましたが、Thriveが現実の世界でどのように相互運用可能であるかを知ることができたら、最終判断が来ます。

同社のSDカードスロットは128GBのSDXCカードを扱うことができ、内蔵ストレージを拡張したい人やデジタルカメラで大容量のカードを使いたい人には最適です。同社には、SDカードとUSBポートからコンテンツを読み取るためのFile Managerアプリも含まれている。 ExFATドライバを使用して、ThriveがUSBポート経由で最大1TBの外付けハードドライブを処理できるようにします。

Thriveについて私が目立ったもう一つの点は、そのディスプレイでした。私がテスト写真を載せたので、イメージを鮮明にレンダリングする際に優れた仕事をするように見えました。色を再現するのに良い仕事をしています。会話では、東芝は、ソフトウェア魔法がバックグラウンドで適用されていることに気付いた。結局のところ、問題はそれがどのように機能し、どのように見えるのか、早期リターンは印象的でした。

The Thriveは、他のAndroid 3.0 / 3.1タブレットと同じNvidia Tegra 2プラットフォーム(デュアルコア1GHz CPU、1GBのメモリ)を搭載しています。また、8GB、16GB、および32GBの容量(それぞれ430ドル、480ドル、580ドル)で提供されます。それはまだ予約注文で、7月に出荷予定日