Skip to main content

Tokutekエンジンでライブスキーマを更新する

TokuDBはストレージMySQLのデフォルトストレージエンジンであるInnoDBを置き換えることができるエンジンです。 TokenkのTokuDBストレージエンジンのバージョン5.0は、ホットインデックスとホットカラムの追加と削除という2つの新機能を提供しています。ホットインデックスでは、

ホット・カラムの追加または削除により、データベース管理者は、データベースが稼動している間に列を追加したり、列を削除したりすることができます。

「この新しいバージョンでは、ダウンタイムやプライマリサーバからセカンダリサーバへの切り替えをスケジュールする必要はありません新しいカラムやインデックスを追加することができます」とMySQLのホスティングサービスPalominoDBのデータベース運用マネージャーSheeri Cabralは声明で述べています。新しいコラムを追加する必要がある場合、ビジネスアナリストは新しいインデックスがクエリを早くするために数時間か数日待つ必要はなく、リリースエンジニアは救済のため息をついてくるだろう」トクテックは、金融取引やログファイル分析などの大量のアプリケーションに対してクエリを実行します。

TokuDBは、高速インデックス挿入に最適化されたフラクタルツリーインデックスを使用します。フラクタルツリーインデックスは、InnoDBや他のストレージエンジンで使用されるバイナリツリー(b-tree)インデックスとは異なり、データベースに書き込む必要のあるデータをまとめ、ディスクドライブコントローラがディスクの個々のエントリを格納する時間を短縮しますドライブ。フラクタルツリーは、データベースのパフォーマンスを低下させる可能性のあるb-tree索引付けに固有の断片化の問題も回避するとSchwartz氏は主張しています(

編集者のコメント:

)これにより、大量の情報を非常に高速に索引付けすることができます」とSchwartz氏は言います。

TokuDBの使用はアプリケーションレベルでの変更を必要とせず、すべてのACID(アトミック性、一貫性、分離性、耐久性)とMVCC(マルチバージョン並行性制御)の要件を維持しています。

Joab Jacksonは、IDG News Serviceのエンタープライズソフトウェアと一般的な技術ニュースを扱います。 Joabのメールアドレスは[email protected]です。