Skip to main content

米国におけるモバイルペイメント

Tモバイルの親会社であるドイツテレコムは、2011年にポーランドとドイツのサムスン携帯電話でモバイル決済を開始する予定であるが、米国は受け入れる準備がまだ整っていないT&モバイルは、3つの通信事業者のネットワーク全体でモバイルペイメントを可能にするイシスと呼ばれるモバイルペイメント合弁会社でAT&TおよびVerizon Wirelessと提携しています。 Tモバイルは、携帯電話の支払いを可能にする、近距離無線通信(NFC)チップを搭載した携帯電話を発売するよう働いていると述べている。

[詳しい読書: ]

米国におけるモバイル決済に関する大きな疑問は、モバイルキャリア、クレジットカード会社、または銀行仲介業者のいずれを担当するかということです。全員がモバイルキャリアを可能にするシステムを制御したいと考えています。そして、他にもイベントがあります:アップルとGoogleのイベントは、自分のモバイル決済システムで働いていると噂されています。

膨大な金額がありますが、年々高価なPOS支払いが始まります。モバイルデバイスを流れるジュニパー・リサーチは、6つの携帯電話のうち1つがモバイル支払いを行う2014年末までに、1,270億ドル相当のモバイル支払いを行うと見積もっています。当然のことながら、すべての選手はビジネスから得られる最大の収入を得るために騎乗しています。

DT CTO Ed Kozel氏は、今日、ビジネスモデルはまだ米国で形成段階にあると述べています。 「誰もが最終版がどのように見えるかは誰も知りません、誰も彼らのビジネスモデルを試しています」とKozel氏は述べています。 T-MobileとIsisのパートナーは、VisaやMastercardなどの金融プレイヤーと協業するモバイル決済システムで、それぞれの役割を打ち消すように話している、とKozel氏は話す。

>しかし、一方で、すべての選手は自分のイニシアチブに取り組んでいます。これは、異なるモバイル決済システムを使用して異なる事業が行われる場合、混乱と消費者との間で混乱を招くかもしれません。

Kozel氏は、米国では制御の問題が2012年に解決される可能性があると述べています提携の形成を開始する。 「2012年には、多くの統合がビジネスモデルに定着していると思います」とKozel氏は言います。 「コンソーシアムの最終製品に移行するつもりだと思う」しかし、現在、通信事業者、クレジットカード会社、銀行は、モバイル決済にブランド名を付けたいと考えているようだ。米国でモバイル決済が重大な打撃を受ける前に、1つのサービスが出現しなければならない可能性があります。