Skip to main content

ACLU、他のグループ国境を越えたノートパソコンの検索に米国政府を訴える

アメリカの市民自由連盟やその他の団体は、米国境でラップトップやその他の電子機器を検索する米国境警備局(CBP)の慣行に挑戦して訴訟を起こしている。 ACLU、New York Civil Liberties Union、およびNACDL(National Association of Criminal Defense Layers)によって火曜日に提出された、2008年のCBP方針は、国境警備隊があらゆる旅行者の電子機器を不正行為の疑いなく検索することを可能にする。場合によっては、ボーダーエージェントがデバイスの内容をコピーしたり、デバイスを没収したりしている場合があります。訴訟は、令状や犯罪行為の疑いのある理由や合理的な疑惑のない国境での電子機器の検索を禁止する命令を裁判所に求める。

[詳細を読む:最高のPCラップトップ向けのピック]

グループは訴訟を起こしたACLUのスピーチ、プライバシー、技術プロジェクトのスタッフの弁護士、キャサリン・クランプ氏は、「国境を越えて国境を越えて侵略的な政府の捜索を受ける権利を守るために」と語った

不当な検索や発作から人を守るため、ACLUは主張している。クループ氏は、ACLUが発表したビデオで、「国境に憲法のない区域を設立した」と述べた。

CBPの広報担当者は、この訴訟について直ちにコメントしていない。国家報道写真家協会(NPPA)とカナダの国境で彼のラップトップを検索して没収した二人のフランス系アメリカ人市民であるパスカル・アビドール(Pascal Abidor)を代理して、ニューヨーク東部地区連邦地方裁判所に出席した。

アビドールはモントリオール5月にラップトップを検索してCBP役員が没収させたアムトラックの電車でニューヨークに向かうという。イスラム教徒の博士課程学生であるアビドール氏は、尋問され、手錠をかけられ、電車から離陸し、数時間にわたって保持されてから放免された。彼の個人的なファイル(研究、写真、彼のガールフレンドとのチャットを含む)の多くが検索されたという証拠があると、訴訟は主張している[

]。別の情報自由法の訴訟に対応してACLUがCBP政策に関する記録を提出したことを受けて、2008年10月1日から今年の6月2日まで、約6,600人の旅行者が米国の国境で電子デバイスを検索した。 ACLUは、ACLUのビデオで、ACLUの作業における私の目標は、これが誰にも起こらないようにすることだと指摘している。

2008年10月から2009年6月の間に、CBPは220以上のデバイスを旅行者、そして7月20日ACLUは2009年8月にACLUが国境調査の情報を求める訴訟を提起したと発表した。電子フロンティア財団とアジアLaw Caucusは、2008年初めに同ポリシーに関する情報を求めて同様の訴訟を起こした。

CBPの親機関である米国国土安全保障省は、ACLUが訴訟を提起した翌日、2009年8月に国境調査の新しいガイドラインを発行したポリシーに関する情報新しいガイドラインでは、CBPと姉妹機関である米国の移民・税関執行機関が電子機器にどのくらいの期間保持できるかについての制限が設定されていたが、不正行為の疑いがないまま機器の検索を許可し続けた。

NACDLとNPPAのメンバーは、 ACLUはプレスリリースで、カメラやスマートフォンを含め、米国の国境で調査した。訴訟では、犯罪防衛弁護士が所有するノートパソコンとフリーランスのカメラマンが所有するノートパソコンのCBP検索について記述している。

Grant Grossは、米国政府のThe IDG News Serviceの技術と通信ポリシーをカバーしています。 GrantusGのTwitterでGrantに従ってください。グラントの電子メールアドレスは[email protected]です。