Skip to main content

デュアルタッチスクリーンラップトップを開発したエイサー

Photo:TechReviewSource.com

エイサーは、2011年秋に利用可能な物理キーボードやマウスを備えていないデュアルタッチスクリーンマルチタッチラップトップに取り組んでいるという報告がある。物理的な入力を使用する代わりに、1つのタッチスクリーンはディスプレイとして機能し、1つはキーボードとトラックパッドとして機能し、東芝のLibretto W100と同様です。 Acerのデバイスは、報告されているように、2つの15インチタッチスクリーンを搭載し、Windows 7を実行し、Intel Core i5 2.67GHzプロセッサを搭載しているとTechReview Sourceが報告している。また、Windows 7のマルチタッチだけでなく、ペンベースのタッチ入力も処理できるかどうかを確認してください。

[詳細を読む:最高のPCラップトップ向けのピックアップ]

最大のデュアルスクリーンである

しかし、Acerのデバイスはこれまでの最大のデュアルスクリーンラップトップ。東芝のリミテッドエディションLibretto W100は、7インチのタッチスクリーンを2つ装備しています。

コンピュータメーカーのMSIは、1月のコンシューマーエレクトロニクスショーで10インチスクリーン付きのデュアルタッチスクリーンラップトップを披露しました。 2009年初めからEee Readerと呼ばれていたタッチスクリーンデバイスである。

予告なしのCPU、あまりにも?

Intelの現在のCore i5プロセッサーのリストを見てみると、TechReviewSourceの仕様に合った唯一のプロセッサーがCore i5 750、デスクトップチップ。製造元がデスクトッププロセッサをラップトップに入れて試してみることは聞かれていませんが、たとえばEurocomm D901C Phantom-Xを見てください。しかし、噂されているAcerラップトップは、同じように噂されているIntel Core i5 580Mを搭載している可能性が高い。伝えられるところによれば、580Mは2.66GHzで動作し、年末までに利用可能になる可能性がある。もう一つの可能​​性は、噂のデバイスがCore i5をまったく動かさないということだが、Intel Core i7 620Mは1月に発売された。TechReviewSourceはAcerのデュアルスクリーンラップトップのビデオを入手しようとしているが、ブログによると、Acerのプロトタイプは「遅くてバギー」です。それはデバイスが開発中であると考えても驚くことではなく、2011年後半には発売されません。

しかし、15インチのデュアルスクリーンラップトップは非常に大きく、おそらく高価なデバイスです。誰もがデュアルタッチスクリーンラップトップを望むかどうかは明らかではない。しかし、Engadgetは8月に、Libretto W100がAmazonでのデビューの間に非常に迅速に販売されたと報告した。

だから、誰が知っている?エレクトロニクスメーカーがモバイルデバイスだけでなく、物理的なキーの代わりにバーチャルキーボードを試しているように、ダブルスクリーニングされたラップトップが未来のものかもしれません。

Twitterで@anpaulと接続しましょう。