Skip to main content

Acer Aspire V3のレビュー: "Budget Desktop Replacement"は慣れ親しんでいる必要はありません

SSDがないと、Acer Aspire V3の全体的なベンチマークより高価な東芝コスミオと比較して性能の数字。しかし、HaswellクラスのCore i7プロセッサと12GBのメモリは、古いAsus VivoBookに勝利しました。 (クリックして画像を拡大)

Intelの最速の第4世代Core(ハズウェルとも呼ばれる)プロセッサー、Core i7-4702MQのいずれかを搭載しています。 12GBのDDR3 / 1600 RAM; Nvidiaの3番目に高速なディスクリートモバイルGPU GeForce GTX 760Mを発表しました。しかし、エイサーは500GBの5400rpmハードドライブだけを装備してストレージを狙っている。そのコンポーネントの選択は、Aspire V3のやや印象的なNotebook Worldbench 8.1のスコア177を説明しています。

[詳細を読む:最高のPCラップトップのための私たちのピック]

Aspire V3は、リファレンスマシンより77% Asus VivoBook S550CAは、より高価なゲームノートブックで400点以上のスコアを達成しました。しかし、コンポジットスコアに入るゲームベンチマークの結果を見ると、Aspire V3は少し良く見えます。 Dirt ShowdownとBioShock Infiniteを1024×768ピクセルの解像度で、画質を低く設定したことで、再生可能なフレームレートはそれぞれ65.6と69.7フレーム/秒となりました。ゲーム。 (クリックすると画像が拡大します)

東芝の$ 1900 Qosmio X75のようなものを購入するために$ 800を追加すると、それぞれ119.7と165.3フレーム/秒でゲームを体験できます高解像度でのフレームレート)

Aspire V3は、主にプラスチック製ですが、ブラシがかったアルミニウムのような仕上げの、魅力的に設計され、整備された機械です。そのアイランドスタイルのキーボードは、間隔があいていて、テンキーパッドを備えており、非常に良い触覚フィードバックを提供します。

ROBERT CARDINT Acer Aspire V3には4つのUSBポートがありますが、USB 3.0は2つしかありません。 DVDバーナーは持っているのがいいですが、Blu-rayプレーヤーが良いでしょう。

タッチスクリーンではないので、17.3インチのディスプレイはノングレア仕上げです(ほとんどのタッチスクリーンは反射率が高く、明るい光源の近くでコンピュータを使用していると問題になる可能性があります)。大型のマルチタッチパッドがWindows 8のほとんどのジェスチャーをサポートしているので、私はタッチスクリーンを見逃しませんでした。たとえば、ピンチでズームして右からスワイプしてチャームバーを表示し、左からアプリケーションウィンドウを切り替えることができます。

電源から2時間以上離れないようにする - それはAcer Aspire V3のバッテリーがすべて持続することです。 (画像をクリックすると拡大します)

大部分の画面は見た目がよく見えます。正確なカラーバランスで鮮明でクリーンなテキストと画像を表示します。しかし、私はそれにいくつかの問題があることに気付きました。まず、静的な画像でさえ、時折キラキラと見えました。第二に、マシンの明るさの設定に断続的な問題がありました。時には、コンピュータの電源を入れたときにディスプレイが最大輝度に設定され、(電源設定を変更した場合でも)変更に応答しなくなりました。再起動により、問題が発生するたびに問題が解決されました。

ROBERT CARDINT Aspire V3の他のポートには、ギガビットイーサネット、VGA、HDMI出力があります。 (クリックすると画像が拡大します)。

Acer Aspire V3-772G-9402は誰にもあてはまりません。それは大きく、重く、ちょっとぎこちなく、最高のパフォーマンスを発揮しません。パワフルなゲーム用ラップトップを探している場合、またはBlu-rayムービーを見たい場合は、東芝のQosmio X75が最適です。しかし、大型で高解像度のスクリーンで安価なデスクトップの交換が必要な場合、Aspire V3は現在市場でより良い選択の1つです。