Skip to main content

米国人の15%がインターネットを無関係で使いにくいと判断

情報スーパーハイウェイは誰にとっても同じことではありません。インターネットを利用していない18歳以上のアメリカの大人のうち、34人が大人の15%がインターネットを使用していないことが主な理由です。インターネットが関係していないと回答した。

非ユーザの32%は、オンラインに行くのが難しいとか、イライラしていると答えた人もいました。これは、彼らが興味を持っていないこと、彼らがそれを使用したくない、報告書によると、スパム、スパイウェア、ハッカーの恐怖のために、人々のログオンが保たれていないという報告もある。

インターネットを利用するのが難しいためオンラインで行かない人の割合は、以前の調査よりも少し高い。ピューリサーチセンターのインターネットプロジェクトのリサーチアソシエートであるキャサリン・ジクアール(Kathryn Zickuhr)は、オフラインの大人は、ユーザビリティを抑止率の20%以下に抑えていると主張しています。しかし、近年では、ピューが見ていることは、インターネットにアクセスできないと答えた人は少なくなっているが、インターネットでは複雑すぎると答えているという。ほとんどのオフラインの大人は、インターネットで多くの経験を積んでおらず、使用しようとすると援助が必要だということです。非ユーザの中で、40%以上が友人や家族にオンラインで何かを見せるように依頼したと回答している。調査によると、オフライン大人のほとんどはインターネットを見ない彼らはそれに関連しているか、始めるのが難しいと感じている」と述べた。また、インターネットをやめた人の数も興味深い。オフライン大人の14%は、インターネットを一度使ったと言いましたが、何らかの理由で停止しています。 Zewuhr氏によると、この調査の結果は、今年初めに実施された2,000人以上の米国人の大人との電話インタビューに基づいている。

インターネットを利用しないために寄付した理由としては、コンピュータを所有しているか、サービスを払っているか、または年を取っていることが挙げられます。

非ユーザの3%がプライバシー、スパイウェア、全体として、インターネットを利用している人々の割合は、過去数年間比較的安定していた。インターネットを利用している米国の大人の85%は、2008年には75%からわずかに増加している、とヒューは述べている。 10年前、Pew氏によれば、大人の60%以上がオンラインだった。一方、接続された大人の3%であったにもかかわらず、ダイアルアップアクセスはまだ使用されていると、調査では述べている。