Skip to main content

TwitterのIPOファイリングからの10の興味深いビジネス情報

TwitterはIPO文書を公開し、その過程でどのくらいの金額(または失う)や役員お金をもらう。

エグゼクティブ・ペイ

TwitterのCEOであり役員でもあるディック・コスロ氏は、昨年、総額200万ドルの給与と840万ドルの報酬を受け取って総額1150万ドルの報酬を受け取った株式。これは、同社のエンジニアリング責任者であるクリス・フライ(Chris Fry)氏によるもので、トータル10.3百万ドル(10.1百万ドルの株式を含む)だった。

ツイッターの収益は過去数年間で急増した。昨年は3億1700万ドルで、2011年の3倍(10630万ドル)、3年前の10倍(2,830万ドル)だった。

赤いインクがたくさん

Twitterは過去3年間にお金を失った - 昨年は7900万ドルだったが、 2011年に128百万ドル、2010年に6700万ドルとなった。今年上半期に69百万ドルの損失となり、「付与された制限付株式ユニット」は、 GAAPベースで2013年および2014年に収益性を達成する当社の能力」と述べている。

GAAPは一般に公正妥当と認められた会計原則を採用していないため、しかし、Twitterは、非GAAPベースでもお金を失っていることを明らかにした。

お金はどこから来たのか?

Twitterは広告サービスから収益の85%を得て、その大部分はPromoted Tweets、Promoted Accountsプロモーショントレンド残りは、他の企業が2年契約の下で、通常、Twitterにアクセス、検索、分析するために支払うデータライセンスから来る。

Twitterを今日誰が所有しているか

Cofounderと元CEOのEvan Williamsは、同社株式は12%、約5700万株である。取締役で初期投資家であるピーター・フェントン氏は6.7%、取締役会長であるジャック・ドーシー氏は4.9%である。

海外への挑戦

Twitterの月間ユーザーの4分の3以上が米国以外の国にいたが、収益の1/4しか「国際」ではなかった。 "最近、オーストラリア、ブラジル、カナダ、日本、英国に投資を集中していると話している

ユーザー数は?

モバイル

モバイルは、Facebookに公開されたときの深刻な弱点でしたが、Twitterのようには見えませんでした。 4月から6月までの3ヶ月間に、Twitterの平均月間アクティブユーザーの75%が携帯電話とタブレットからサービスにアクセスし、その広告収入の65%以上はモバイルからのものであった

競合他社

Facebook(これは9件)、Google、LinkedIn、Microsoft、Yahooのようなものです。しかし、Twitterには、中国のSina Weibo、日本のライン、韓国のカカオなど、国際的に戦わなければならない地元のライバルもリストアップされている。

リスク要因

企業は公開時に大きなリスクを開示する必要がある。 Twitterの31ページが続きました。その中には、ユーザーベースの拡大、広告収入の損失、競合他社、国際的な拡大の失敗、技術的問題、サービスの政府規制(中国でブロックされている)、悪評などがあります。